戒名の値段、必要性

日本ではたいていそうですが、仏教でのお葬式を行う場合、
故人に対して「戒名」(かいみょう)がつきます。

浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」とも呼び方は違いますが、
「あの世へと旅立ち、仏様の弟子になった印として授かる名」という設定は同じです。

なのですが、

これが凄く高いです。
遺族の心情としては、故人に少しでも有利になるようにと高ランクの戒名を付けてほしいものです。
そう、戒名にはランクがあるのです。

天は人の上にも下にも人を作らずと言いますが、名前にはランクがあるようです。

そして人生最後の坊主めくりで、運悪く強欲生臭坊主を引いてしまったら凄い値段が付きます。
これは戒名料の値段も相場も日本の仏教界で統一もコントロールもされていないからです。

全日本仏教会のホームページのQ&Aにこのような表記があります。

Q.戒名って何ですか?そもそも必要なのでしょうか?

戒名は、宗派によって「法名」「法号」とも言われています。「仏弟子」となった者に与えられる名前で、仏教教団にとって極めて大切なものです。
なぜ戒名をつけなければならないのか、高い戒名料をとられた、などという疑問や不満がお寺に対する不信感につながり、それが社会問題化しているのではないかと危惧しています。
これらを解決していくためには、住職と檀信徒との相互の信頼関係が不可欠です。日頃より菩提寺住職に尋ねるなど、戒名について学んでいただきたくお願いします。
なお、生前に戒名をいただくことも良いことです。その場合には、菩提寺の住職にお問い合わせください。

お坊さんの性格、日ごろの友好度、その日の気分、お坊さんの今月のお金の入用具合など色んな要素が絡み合って、とてもいくらですと予測できません。

大まかな目安を記しておきますね。あくまでも目安です。

名前だけでこの値段です。

葬式代がいかに高額なにるかを物語る値段です。

ですが、戒名はアナタが、生前に付ける事も可能なのです。

色々と制約があり、使っていい字などもあり、最終的にはお坊さんに見てもらい、問題無ければ改めてお坊さんから授戒して頂く流れとなります。
お坊さんに授戒してもらわないと、単に自分が考えただけのペンネームであり、仏様とは何の関係もないものとなります。
ここは儀式に則らないといけません。

戒名代は葬儀関係でトラブルとなる四天王の一角ですので、予め基礎知識を入れておきましょう。
エンディングノートに、こういうランクの名前でいいなど記していると、遺族も選びやすいでしょう。
ただし、社会的地位や貢献度、お寺との関係とお坊さんの性格によっては、高額なお布施をしても高ランクの名前を頂けない場合もあります。
逆に一般ランクなのに、あまりに高額な額を要求された場合は、葬儀社に相談するか、いっその事、別のお坊さんに頼みましょう。
葬儀なんて普通はほとんど経験しないし、悲しい思いの中でいいくるめられやすい精神状態です。
後で高額過ぎたと気が付いても遅いです。返金なんてされません。
そんなボッたくりな生臭坊主に戒名貰ってお経を読んでもらっても故人が迷わず天国に成仏できるか疑問過ぎます。
金に汚い坊さんは信用も徳もなく、あるのは欲だけです。

極端な例ですが、

「信士」「大姉」はいただいておらず、最高位はだけ、さすがにタダでは付けることは出来ませんが、それでも40万円ほどですね。

というお坊さんもいるくらいです。
そう言われると無料でというわけには! これだけ受け取って下さいとなりそうですが、気持ちはいいですよね。

つまり、高額な請求する坊さんの言いなりで払ってはいけませんという警鐘です。
今の世の中は程度の低いお坊さんが増えてますので注意して下さい。
もちろん、それ以上にいいお坊さんがたくさんいます。
アナタが外れを引かなけらばいいのですが!

他にも三万円と最初から提示してくれてるお坊さんもいます。


これならば遺族の方は安心ですし、生前から戒名を受ける事も可能です。
終活者としては、ここは押さえておきたい項目ですね。

ちなみに戒名とは五戒、五つの戒めを守る約束をして仏の弟子にして貰う為の名前です。

殺生しない。人のものを盗まない。色に溺れない。嘘をつかない。うがった目で世の中を見ない。

これを守るという誓いをして仏様の弟子なのですが、戒名を授けてくれたお坊さんが直接の師匠となり、その弟子という構図です。
なので何度も繰り返しますが、終活するならいい師匠に師事しましょう。
もしくは遺族ならば、故人を良い師匠の弟子にして上げましょう。わるい師匠の弟子なんて死んでからも苦労しそうで可哀そうです。
特に老人ビジネス、高齢者を対象とした詐欺が増えてますので、戒名関係でもあるかも知れません。
くれぐれも言いなりにならず流されず、いいお坊さんに出会って下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする