死んだらクレジットカードはどうなるのか

このサイトを見てるぐらいなので、クレジットカードの一枚や二枚は持っているでしょう。

銀行口座だって複数持ってるかも知れない。

もしかしたらリボ払いにしていて、結構な残積があるかもしれない。

逆に銀行に多額の貯金を残してるかもしれない。

この記事では死んだらクレジットカードがどうなるかを書いていきます

支払いは残ります!

カードを所持してるだけで使ってないなら問題ないですが、
リボ払いや支払いが残っている場合は遺族が処理する事になります。
引き落としの銀行が凍結されていない状態で貯金がある間は生前通りに引き落とされます

ですが、銀行側で死亡を把握した瞬間に銀行口座は凍結されます。
凍結されるとカードに支払いも当然ストップされます。
こうなるとカード会社は残積を取り戻すべくスクランブル発生とばかりに取り立てにきます。
ほとんどの場合、一括請求です。
リボで膨らんだ借金を一括請求してきます。
死人に鞭打つとはこの事です。
もちろん、死亡した本人にはどうしようもないので遺族にいきます。

そう、借金も財産として相続されるのです!

あまりに多額の時は相続放棄する旨をエンディングノートなり、遺書などに明記しておきましょう。
相続放棄は相続の権利があると知ってから三か月以内に行わなければ効力が発揮されません。
また、金目になりそうなものを売ったり処分してしまってもダメです。
それを葬儀費用に充てたなどの言い訳は通用しません。
相続破棄は借金も財産も、その全てを放棄する事です。

合わせて読みたい記事

このサイトを見てるぐらいなので、クレジットカードの一枚や二枚は持っているでしょう。 銀行口座だって複数持ってるかも知れない。 も...

死期が迫ってるのでクレジットカードを解約したい

クレジットカードによっては年会費が発生します。
これは手続きが放置されて銀行口座も生きていると、永年引き落とされます。
たとえば家族に内緒にしていたシークレットなカードですね。
家族にバレないよう、引き落とし口座も秘密の口座でしょうから、死亡の確認も申し出もなくただただ年会費だけが引き落とされ、ある日口座の残金がなくなった時にカード会社から請求がきます。
本人は遠い世界に旅立ったので回りまわって遺族にいくわけですが、その時にバレます。
この手のカードや口座は死ぬまでに、もしくは信頼できる個人宛のエンディングノートに書いて頼んでおきましょう。

基本的にクレジットカードの解約は本人でしか出来ません。

ですが、死亡時にはたいていの場合は親族のからの連絡で解約できます。

どのクレジットカード会社でもそうですが、解約するの項目を見つけにくい場所に置いてます。
隠しているといってもいいページにあったりします。
なのでなるべく生前の気力がある間にカードを整理して少数精鋭にしておきましょう。

仮に病状が悪化して電話が困難となった場合でも近しい親族(配偶者や子供、兄弟)が代わりに電話しての解約もたいていのカード会社で可能です。
この時に、本人の誕生日や住所、カード登録時の電話番号などの本人情報の確認がありますので、そこは注意して下さい。
もしくは退会手続き書を郵送してもらうかです。

終活におけるクレジットカードまとめ

まだ気力があるうちに一枚にしてしまいましょう。
本人に気力があるなら簡単に解約できます。
カード会社に電話すれば、ほぼ解約できますし、耳が遠いのなら書面での解約を申請すればいいだけです。
当サイトに辿り着いた元気があるならカード会社のHPから解約手続きの書面を申請するなんて容易です!

問題は最後の一枚ですが、出来れば解約してしまいたい。
でも出来ない、まだ使うんだ!
そういう一枚はエンデディングカードに解約方法などを明記しておきましょう。
リボの有無や支払いはどうなってるかなど。
仮に何枚も残す場合ならば尚更、一枚一枚余さずノートに書いておくと、遺族の負担が軽減されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする