遺言メールはグーグルで設定できます

前の記事でエンディングノートをブログで書いてみようという記事を書きました。

エンディングノートは紙だけで書くだけではつまらないでしょう。今の時代ならばブログという方法もあります。これならば趣味とボケ防止効果も望めて、更に楽しく終活ライフが始められます。ブログの始め方や何が必要かなどを高齢者でも分かるように書いています。

これはつまりあなたが亡くなった時に最も活躍するブログです。
ですが、死後どのように扱われるか知っておかないと不安になってしまいます。

フェースブックでは、本人が亡くなっても遺族の要請で追悼アカウントとして変更存続できます。
が、他のサービスでは本人以外では削除も難しい。
なので、遺族に登録メールアドレスとパスワードが渡るようにしておきましょう。
それがあれば、あなたに代わってというか、あなたになりすまして削除が可能です。
なので、信用できる人に渡るようにしましょう。
せっかく書いたものを改竄されては意味ないですから。

手書きのメモで残す

いろいろ方法は考えられますが、簡単なのは手書きで書いたメモを誰々さんへとして封筒に入れておく。
本当に信頼できる一人にだけ、削除可能となるメールアドレスやパスワードを封入しておきましょう。

他の遺族には、終活ブログが非公開設定にしているなら、それを閲覧可能となるパスワードを封入しておきましょう。

ブログを削除できるパスワードと非公開ブログを閲覧できるパスワードは別物です

遺言メールサービスを使う

あなたが亡くなって数日したら、あらかじめ登録していたメールアドレスに、これもあらかじめ登録していたメッセージを自動送信してくれるサービスです。
海外ではいろいろとありますが、日本ではあまりありません。
かつてはヤフーなどがサービスを展開していたのですが、利用者が予想より少なく終了してしまいました。
ヤフーか限らず、この手のサービスは数社誕生しては、何年後に終了しています。
あなたより早死にしてしまうサービスが多いので、使用時は注意して下さい。
「遺言 メールサービス」で検索すると出てきます。
このサイトがお勧めです! というのがあればいいのですが、いつなんどき終了するかも知れないのでパスします。
ただ一つだけ確かなサービスがあります。
それはグーグルです。
グーグルの設定で可能なんです!

Google で遺言メール設定

正しくはアカウント無効化管理ツールと言います。
これはグーグルを利用しているなら誰でもできます。

グーグルとは何ぞや?
当サイトに辿り着いた人には説明不要でしょうから省きます。
あなたがGメールか、スマホがアンドロイドか、ブラウザをGoogle Chromeを使用してるかのいずれかが該当していれば利用者です!

グーグルのアカウント無効化管理ツールとは

グーグルを使わない期間を3ヶ月~1年半の範囲で選択します。
その期間にログインがなかった時に発動する設定です。
つまりパソコンやスマホ、タブレットが触れなくなって、指定期間が過ぎると発動します。

何が出来るのか

信頼できる人、最大10人にメールの送信
グーグルアカウントに関するサービスの削除
グーグルアカウントに関するサービスデータの譲渡
ざっくり書くとこうなります。

グーグルアカウント関するサービスは以下です。
グーグル+1
ドライブ
Picasaウェブアルバム
YouTube
Google+
カレンダー
連絡先
ハングアウト
マイマップ
Blogger
Gメール
になります。
基本的に削除でいいと思います。

ここにBloggerがあるのに注目してみましょうか
Bloggerとはグーグルのブログサービスです。
なのでBloggerのブログを使って終活ブログをしてるなら、あなたが指定した期間を過ぎれば自動的に削除してくれます。
これは一考にして長考する価値ありです。

グーグルのアカウント無効化管理ツールで遺言メールをセットする

当記事の本題です。
アカウント無効化管理ツールから遺言メールを設定していきましょう

上のリンクから飛んだら、下図の設定ボタンを押しましょう。
ここを押しただけではまだ設定されません。
たんに設定画面に移行するだけです。

次にあなたの携帯電話番号とメールアドレスを登録します。
既にされているなら、そのアドレスと番号で間違いないか確認して下さい。
きたる決行日の一ヶ月前にアラート(警告)が登録してるメールにカウントダウン開始されるとメールがきます。
まだやっちゃダメ。まだ生きてるからという場合は、そのメールから停止処理が出来ます。
もっとも、パソコンやスマホを触ってる限り、グーグルにログインしてるのと同じだから大丈夫ですけど。

ここで信頼できる連絡先を登録します。
最大で10人に送信できます。
ですがブログ削除を依頼するのは最も信頼できる一人だけにしましょう。
それと当たり前で忘れがちですが、自分より若い長生きするであろう人を選んで下さいね。

データーの共有に関してはしなくていいと思います。
あなたが必要とするならば、共有すべきですが、そうでないならしなくて大丈夫です。
ただし、終活ブログをBloggerでしてるならば、それだけ共有しておきましょう。
※データを共有して閲覧するだけなので改竄はされません。

そこのチェックが終わったら、送信するメッセージを登録しましょう。

これで遺言メールは完了です!
あとはあなたが死ぬのを待つばかり!
冗談ですけど!

死後にきたメールに対して自動返信を設定する

ついでに「Gmail で自動返信を設定する」もしておきましょうか。
これはあなたが死んだのを知らずにメールしてきた人に自動で返信してくれる設定です。

「Gmail で自動返信を設定する」をクリックしてメッセージ設定画面を開きます。

赤で囲った登録されている連絡先ユーザのみにチェックを入れておきましょう。
じゃないとショップなどの広告メールにも律儀に返信してしまいます。

以上になります。

この設定をしていれば、死後、ブログがどうなるか心配せずに成仏できます。
また、Bloggerという選択肢もあります。既に他のブログサービスで始めていても引越しは簡単です。

合わせて読みたい
エンディングノートは紙だけで書くだけではつまらないでしょう。今の時代ならばブログという方法もあります。これならば趣味とボケ防止効果も望めて、更に楽しく終活ライフが始められます。ブログの始め方や何が必要かなどを高齢者でも分かるように書いています。

終活におけるエンディングノートをブログで書こうの詳細記事は上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする