死んだら銀行口座はどうなるのか

このサイトを見てるぐらいなので、クレジットカードの一枚や二枚は持っているでしょう。

銀行口座だって複数持ってるかも知れない。

もしかしたらリボ払いにしていて、結構な残積があるかもしれない。

逆に銀行に多額の貯金を残してるかもしれない。

この記事では銀行口座がどうなるかを書いていきます


合わせて読みたい記事

このサイトを見てるぐらいなので、クレジットカードの一枚や二枚は持っているでしょう。 銀行口座だって複数持ってるかも知れない。 も...

死んだ後の銀行口座は凍結されます

これは銀行が死亡を把握するまで通常通りです。

引き落とし口座にしてるなら、そのまま引き落としされ続けるでしょう。

エンディングノートに銀行口座をまとめていれば、遺族から銀行に連絡がいき、一旦凍結されます。

その後、相続手続きが完了するまで入金も出金も出来ません。

嫁だろうと子供だろうと例外無く使えません。

銀行は死亡をいつ知るのか

基本的に、遺族から銀行に連絡した時です。

葬儀屋から情報を得る銀行や、著名人だったり田舎だった場合は新聞の訃報欄などから知ったりもします。

意外な事に、役所に死亡届を出したら、そこから漏れるというルートはないそうです。

つまり死亡してから凍結までのタイムラグが個人によって、故人によってだいぶ違います。

そのスキを突いて息子や嫁が預金を引き出せなくもないです。

ですが既に遺産となってるので、後に他の遺族から相続権を剥奪されるに十分な理由となります。

なぜ凍結されるかというと、相続人が複数いて泥沼となった時に、抜け駆けして引き出せないようにする為なので、先に引き出すのは相続が円満にいく場合を除いてすべきではありません。

凍結解除の方法

遺言書があると無いのでは話が全然違ってきます。

遺言書がないといくつもの書類や話し合い必要になってきます。

遺言書がある場合
  • 遺言書
  • 遺言者の除籍謄本(死んだことで除籍になった戸籍謄本)
  • 遺言執行者の印鑑証明書
  • 遺言執行者の実印を押印した払戻依頼書

これだけでOKです。

事務的に進めるだけで半日もあれば大丈夫でしょう。

遺言書がない場合
  • 金融機関所定の払戻依頼書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人(死んだ人)の生まれてから死ぬまでの連続した戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 預貯金通帳、届出印、キャッシュカード等
  • 遺産分割協議書

相続人がどこまでの範囲かも、必要書類名だけ見た場合、どんなものでどこにあるのかすら分からない。

これは早くても数日、遅ければ数か月かかるでしょう。

遺族に迷惑をかけたくなければ、遺言書とエンディングノートにどの銀行口座を所有してるか明記しておきましょう。

逆に最後に置き土産食らわしてやるつもりなら複数の口座にたっぷりと貯金しておくのも痛快ですね。

少額ならば凍結したままにされますが、多額ならば何とかして凍結解除しようとしますからね。

エンディングノートについては下記の記事をどうぞ

終活のしかたとエンディングノードについてなど、基本的な事から学びましょう。パソコンが使えるアナタなら、まだそれぐらいの時間は残ってるはずです!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする